暗黒交流戦開幕

オリックス 1-9 広島

昨日は広島のスタメンを見て驚いた。
3番が末永で、5・6・7はマクレーン・シーボル・嶋の広島が誇る不振トリオ。
周辺でインフルエンザ感染が拡大する京セラDで、暗黒武闘会はしめやかに行われた。

結果はオリックスの大敗。(ある意味勝ち??)
連敗脱出したとは言え、まだまだ負のオーラは健在だった。
連敗中と何ら変わらない点の取られ方で、
四球→2ラン、四球→2ラン、ボーグルソン→死球→満塁ホームランと、
ことごとく不要なきっかけから大量失点を許している始末。

期待のスタメン岡田も、ボールの見極めはまだまだ。
藤井コーチの懸念通り、一軍に上げるには早すぎたか。
しばらくはチャンスも与えられると思うんで、腐った巨神兵を見守る様な温かな気持ちで、見守りたい。
[PR]
by kuruma0929 | 2009-05-20 06:03 | オリックス
<< フェニックス降臨・コリンズ辞任1周年 思わぬ救世主到来 >>