サバイバル③ 富士山登頂

無人島MTBレースで体もボロボロでしたが、
仕上げはお母さんとばかりに、29日(土)に富士山を登頂しました。

今回は大学時代のサークル仲間(主に関西組メイン)と。
もうハードスケジュール集合は当たり前の様ですが、ちなみに今回は

「2時(深夜)にJR富士駅集合」

   /            .い  き
    l   (以下略)    っ  が
    l              て  る
    \    ____     に
     ,.>‐'::::::::::, - ,;::::::,ニ、'‐-::、       ./
   ,.;'"::::::::::::::::/‐- 、l/   ';:::::::::\     /
  /::::::::::::,;::::::/  .( ・)| |--- .|:::::::::::::\_/

    

金曜、仕事をすっぽかして一旦寮に帰宅。
そこからシャワー浴びて準備して・・・で、
東京23時前発の最終のこだまに飛び乗った。
酔っ払いで満席の車内で仮眠を取り、
終点の三島から在来線の終電を乗り継いで、
0時過ぎ頃、富士駅へ降り立った。

それから同じく早く来てた後輩と富士駅周辺を2時間程散策し、
集合まで時間を潰した。
駅前商店街はバイリンガルなスナックばかりだったので逃げ出し、
富士市役所周辺の公園で星を見てたりした。
ちょっと自転車で旅をしてた頃を思い出しました・・。      
そこから関西組と合流し、五合目へ。

しかし、富士登頂経験が一度も無いにも関わらず、
前日まで必要物を聞(ry

防寒対策を全く忘れていた。。
周りは長袖や上下の防寒具を用意している中、
私は先週のレース時と同じくTシャツと七分丈のパンツ。
上に羽織るウインドブレーカーは持っていたものの、
足用は慌ててコンビニで買ったビニールのカッパ(300円)のみ。

車が五合目(標高約2400m)に到着した時点で、寒くてたまらない。
しかし後輩の中にはスーツしか持って来なかった変人もいたので、
まあそれよりは恵まれてるかと。。
そんなこんなで、4時頃登頂開始。
この時点で、既に夜が明けそうでした。
f0033003_20457.jpg

f0033003_2062212.jpg

登山客はかなり多かったです。大勢の団体で暗闇の中へ・・・。
f0033003_209526.jpg

7合目に辿り着く頃には、すっかり明るくなってました。
下を振り返ると帰るのが鬱になります。
f0033003_2013760.jpg

8合目。ゴールまであと500mUP。
f0033003_2014293.jpg

8合目を過ぎてから、後ろを振り返る。
下の山々もきっと1000~2000m級なのに、まるで蚊に食われた跡の様。
f0033003_20164282.jpg

9合目あたりから、急に道が険しくなりました。
どこまで登ったらええのやら…という感じでしたが、ようやく頂上が見えて来た!
f0033003_20183887.jpg

10合目に着いてゴールイン!と思いきや、
まだ山頂の観測ドームまでは結構あった。。
最後の力を振り絞り、火口を登る。
f0033003_20202659.jpg

最後の坂!
f0033003_2020469.jpg

10時30分、ようやくにして最高峰へ到達。
所要時間は休憩込で6時間程度。
f0033003_2024454.jpg

周りはどこまでも雲海が広がる景色。随分高い所まで来たもんです。

ちなみに山頂は、売店のカップラーメンが800円もする様な世界でした。
食べてみたかったんですが、私は寒さのあまり山頂に辿り着くまでに
有料トイレだけで200円×4回=800円使ってましたんで自粛。

思ったより時間が掛かってしまったんで、
帰りは3時間程度で、かなり急ぎ目に下山した。
6人組で砂利道をラッセルしながら滑り降りて行ったから
相当迷惑だったに違いない・・・。

15時頃、5合目に帰着。
膝がガクつき、足は水膨れだらけでしたが、何より達成感でいっぱいでした。
しばらくサバイバル系は要らないです。

ちなみにその後行った、
富士宮焼きそばの「うるおいてい」甲府の「ほったらかし温泉」
どちらも良かったです。
チョイスしてくれた人、ありがとう。
[PR]
by kuruma0929 | 2006-07-31 20:43 | レジャー
<< そりゃないよTBS サバイバル② MTBレース >>