インドに詳しい?島耕作

偉くなるにつれ、どんどん内容が浅世界を股にかける「島耕作」。
「常務」「専務」でインドに行く様になってから、
ハチャメチャな展開に拍車が掛かってる気が。

インド女優とのスキャンダルが週刊誌にすっぱ抜かれても、

先々週の島耕作の場合
社長「ハハハ、君はもてるな。いや何、人気女優とわが社社員との熱愛が報じられたら、会社のイメージアップにも繋がるよ」

今週のベネッセ森本社長の場合
取締役会「女性問題を報道されること自体が、高い倫理観と社会の信頼を必要とするベネッセにとってマイナス

と、圧倒的なえこひい人徳の差で出世街道を順当に勝ち進む。


1ヶ月前には、存在が邪魔になってきたNYの隠し子を操縦ミスしたセスナをビルに突っ込ませる不謹慎ネタで処理して読者を震撼させたが、個人的にはインドうんちくも結構引っかかる。
一応インド旅行経験のある者から言わせて貰えれば、
今週号までで、既に3箇所ぐらい突っ込み所があった。

1.インドを1年間放浪してた学生が、狂犬病の犬に噛まれて死亡
→インド旅行者にとって、狂犬病・マラリアの2大疾病は最も脅威であり、ましてや普通1年も滞在してて、犬に噛まれて何とも思わないなんて、絶対にありえん話!あわてて翌週号で「貧しくて、ワクチンを打てなかった」設定を入れてフォローしてたけど、浅すぎ。

2.インドに10ヶ月滞在してた人が、「左手はなぜ使わないんですか?」と質問
→現地所長が得意気に説明してましたが、インドに行った事無い人ですら知ってるのでは・・・ましてや普通10ヶ(ry

3.地元レストランでナンをぱくつく
→ナンを焼くにはそれなりに大きい窯が必要だから、地元ではナンじゃ無くてチャパティが主流。深読みしすぎかもしれんけど、多分作者の弘兼氏は現地取材に行った時、高級ホテルばっかり泊まってて、インド地元民=ナンが主食と勘違いしてる気がする。

他にも北京からチャイナエアライン直行便でムンバイ入りしたり、たまたま見たニュースを元にした様な列車テロや、思いつきバンガロール進出など・・・今後も拍車が掛かりそう。
さてさて、来週もどんなどっきりびっくりが飛び出すのやら。
[PR]
by kuruma0929 | 2007-02-23 22:11 | 社会人
<< ごっつあんでした "バファローズ&qu... >>