死神の精度観ました

メール更新です。今日は春日部に独りさみしく宿泊。晩飯を食べに外へ行くと、駅前にララポート(ミニ?)+シネコンが有り、せっかくなのでと、小説が面白かった「死神の精度」をレイトショーで観ました。

(ここからネタバレ)
小説版では5部ぐらいのストーリーがありましたが、映画ではOL→ヤクザ→老美容師編に絞られ、しかも全員が親子関係て事で、上手い事繋げてました。

映画版を観に行く人の多くは、コミカルな金城武を楽しみにしてると思いますが、小西真奈美・光石研とか、結構相手役の方がインパクトが強かった気がします。散髪客を求めて、金城が小学校へ突撃してったのはかなり面白かったですが(笑)

個人的には、ロケ地が田町ハイレーンや神戸のモトコーだったり、音楽プロデューサーがOLを連れ込もうとしたカラオケ屋がジャンカラだった辺りがツボでした。

小説版に比べたら、ちょっと分かりやす過ぎるかな、と思う所も有りますが、全体的にレトロな雰囲気を醸し出しててオシャレな映画になったと思います。
[PR]
by kuruma0929 | 2008-03-24 22:43 | レジャー
<< セリーグ順位予想! W53H レビュー >>