カテゴリ:レジャー( 45 )

屋久島

7/3~6の旅行写真をアップしました。

屋久島①

屋久島②

屋久島③
[PR]
by kuruma0929 | 2009-08-11 09:40 | レジャー

屋久島③

3日目は、当初予定していた白谷雲水峡を1日で回り切った為、
予定変更でレンタカーを借りて島を一周した。
主に、滝と温泉巡りです。

【滝1 トローキの滝】
f0033003_961168.jpg
南国フルーツを栽培しているボンタン館の展望台から見ました。
海に直接落ちる滝は珍しい。後ろの山々とのコントラストが綺麗。

【滝2 千尋の滝】
f0033003_981140.jpg
トローキの滝のすぐ近くに展望台がありましたが、こちらはちょっと・・・かな。

【温泉1 湯泊温泉】
f0033003_910935.jpg
海中温泉です。写真は足湯の方で、隣りに岩風呂(100円)が有りましたが、ガチムチのおっさん達が入ってたので、撮影は自粛しました。。かなりぬるい湯で、夏場以外は厳しそうでした。

【マングローブ】
f0033003_9124449.jpg
屋久島にも原生林が有ると聞いて、個人的に期待してたのですが、残念な結果でした。。

【滝3 大川の滝】
f0033003_916448.jpg
これは絶景だった!滝つぼのすぐ近くまで、岩場を伝って行けます。一時流行った「滝のマイナスイオン」は科学的には証明されなかった様ですが、この滝の側にいるだけで、妙に癒されました。

【猿】
f0033003_9174477.jpg
一周する際、島西部の林道を通らなければならないが、これが酷道。離合するのが精一杯のグネグネカーブが続き、おまけに野生動物がその辺に一杯おり、飛び出しに注意しなければならない。道の真ん中で猿の番が毛づくろいしてる姿も見れます。

【海】
f0033003_9205610.jpg
西部にある永田浜は、ウミガメの産卵地としても有名。また機会があれば、次は産卵を見てみたい。

【温泉2 尾之間温泉】
f0033003_9221756.jpg
地元民も入りにくる、古き良き温泉でした。ただ、温度がむちゃくちゃ熱い!登山した後とかに入ったらスカッとしそう。

割とさっくり一周する事ができた。
ただ、帰りにガソリンを入れたら、本州より30円/Lも高かった!
良い島だけど、物価が高いのが欠点・・・。

f0033003_9261359.jpg
3泊とも宿泊したペンション「ラ・イスラ・タセ」の部屋。非常に清潔で、管理人夫妻の人柄も楽しく、落ち着いて滞在する事ができました。朝食も一品一品が美味しかったです。

写真は有りませんが、帰り(4日目)は、前日に借りたレンタカー屋のおじさんとばったり会って、宮之浦港まで1時間、回送ついでに送ってもらう事ができた。いろいろ地元の話(島にはパチンコしか道楽が無い、すぐ顔割れするので公務員は鹿児島に行って遊んでいる、バス会社の社長が行方不明、口永良部島の無法地帯っぷり)を聞けて、最後に楽しい思い出になりました。おじさんありがとうm(__)m
[PR]
by kuruma0929 | 2009-07-05 23:58 | レジャー

屋久島②

2日目はメインの登山の日。
f0033003_8222075.jpg

朝4時に起床。5時に弁当屋に寄ってから、
始発の荒川登山口行きのバスに乗った。
登山口までの道が半端なく狭く、
この小ぶりのバスじゃなければ無理、という感じだった。
f0033003_8222871.jpg
安房から約1時間で登山口へ到着。結構な人の数・・・。
f0033003_823287.jpg
トイレを済ませて、6:30登山口を出発!
我々は個人でしたが、
周りにはガイドさんを雇って、ラジオ体操や円陣を組むグループも。
f0033003_8303711.jpg
縄文杉までは、目安で約5時間程度。
前半は、こんな感じでトロッコの廃線跡を通ります。
かつて昭和中期頃までは、このトロッコで屋久杉を搬送してたそうです。
f0033003_8312297.jpg
後半は山道へ入って行きます。結構きつい。
f0033003_8323039.jpg
とても深い森。。
f0033003_833667.jpg
縄文杉ではないけど、途中に立派な杉がいくつもあった。
どれも奇形なのは、江戸時代~昭和にかけて、
綺麗な屋久杉が全て搬出されてしまったからの様です。もったいない・・・。
f0033003_8343589.jpg
鹿も結構いました。全く人間にびびりません。
f0033003_8351520.jpg
歩く事ちょうど3時間、
9:30に(この日の二番だった様です)、ようやく目当ての縄文杉に到達!
樹齢は2700~4000年にも上るのだとか。。。まさに生き神。
f0033003_8403269.jpg
思ったより早く着いたので、
翌日の予定だった白谷雲水峡へも行っちゃう事にした。
登山道を半分戻ってから、分岐。
f0033003_8383640.jpg
しかし、軽い気持ちで分岐したものの、
森の神の試練の様な、結構深い山道に迷い込んでしまった。
陸上シューズで登ってた(アホ)事も有り、この辺から段々とヒザが痛くなりだした。
f0033003_8453942.jpg
途中、太鼓岩という展望スポットへ立ち寄った。
景色も良かったが、何より断崖絶壁になっててスリルが有った。
f0033003_8492466.jpg
そして、白谷雲水峡を散策。
f0033003_8503737.jpg
f0033003_8504621.jpg
一面、苔の森の世界。
人間が入ってはいけない様な感じがした。
f0033003_8524033.jpg
幻想的な景色を見てぽーっとしつつ、荒川登山口から9時間、雲水峡入口の方へ出た。
道中、ずっとカッパを着てたせいか、生まれて初めて熱中症を味わった。
頭がガンガンし、熱が39度くらい有りそうな感覚。。
アクエリ1リットル、ポカリ2リットルを飲んで、
全身にヒエピタを貼りまくって寝たら一晩で治りました。
[PR]
by kuruma0929 | 2009-07-04 23:07 | レジャー

屋久島①

7/3~6日まで、屋久島へ行って来ました。

初日、まずは羽田6:35発のANA便で、鹿児島へ。
結構人気路線だったみたいで、早朝便だというのに満席でした。
空港着後、バスで鹿児島市街へ。
f0033003_7315454.jpg
鹿児島は2年前にも来た事があったが、今回は時間もあったので、繁華街をゆっくり散策した。
三越が閉店したものの、老舗の山形屋デパートがある天文館付近は、
市電も走っててレトロで良い感じ。
f0033003_7345268.jpg
せっかくなので黒豚を食べよう!と、「あぢもり」へ。
ここは夜は結構高いらしいが、平日のランチタイムに行った事もあり、
写真の黒豚とんかつランチは680円!
ごはん・キャベツもおかわりOK。衣が薄く、肉の旨味を堪能できた。
f0033003_7411396.jpg
歩いて鹿児島港へ移動し、屋久島行きの高速船に乗った。
この船、歴史を見たら、以前は関空~神戸港を結ぶベイシャトルで使われてたらしい。
廃止になって、配置換えになったらしい・・・。
f0033003_7433382.jpg
2時間で屋久島・宮之浦港へ到着!
f0033003_7453731.jpg
バスで、屋久島第2の港町、安房へ向かいます。
f0033003_7463126.jpg
途中、屋久島空港を通過した。
田舎のローカル空港だが、盛況していた。
本当は都会からのシャトル便も出したいだろうが、
滑走路の距離を確保できない為、プロペラ機しか発着できないらしい。
f0033003_7511539.jpg
約1時間で、安房へ到着。
f0033003_7523218.jpg
島で第2の人口を誇るとは言え、非常にゆったりとした港町でした。
f0033003_7532564.jpg
宿へチェックインし、町を散策。
翌日の登山用弁当を注文した後、晩飯を食べに行った。
写真左の川沿いにある「散歩亭」と言う所へ行きましたが、
雰囲気も良く、美味しかったです。
f0033003_7565078.jpg
カクテルも充実してました。
ビールはハートランドのみだったが、冷えてて旨かった・・・。
飲み明かしたくなる雰囲気だったが、翌日が登山の為、早めに切り上げた。
(②に続く)
[PR]
by kuruma0929 | 2009-07-03 23:28 | レジャー

はだの丹沢水無川マラソン(2008)

春先のハーフマラソンで痛めたヒザも大分癒えたので、
様子見で5キロマラソンに挑戦しました。

第4回はだの丹沢水無川マラソン

結果は5キロで25分台。
全体では300番台/1000人で、年齢別では中の中くらい。
平均時速にしてみると12km/hだから、まあまあ頑張った方かと。
ただ、一緒に走った後輩は22分台だし、もっと精進せねば。。

今日は冬晴れの好天で、富士山も麓から尾根までくっきりと眺める事ができました。
コースも走りやすく、レース後の豚汁も旨かったし、なかなか良い大会だったと思います。
[PR]
by kuruma0929 | 2008-12-07 21:14 | レジャー

鈍行列車の旅 二日目(白川郷・合掌造り)

f0033003_21511772.jpg
前日はソフトボールで歓喜して眠れなかったが、何とか5時起きして、まずは富山城址を散策。
f0033003_21523128.jpg
駅前のドトールで朝食後、富山→高岡乗換えで→城端(白川郷の最寄駅)へ。まだ8月なのに、電車は通学の高校生でいっぱいでした。最近は始業が早いのか??
そこから、脱線してバスに乗ること1時間・・・
f0033003_21544954.jpg
白川郷に到着。
f0033003_21552459.jpg
f0033003_21574876.jpg
天気にも恵まれ、のどかな景色を眺める事ができました。ただ、世界遺産に登録された事もあってか、パックツアーのおばちゃん連中+外人が多かった。
f0033003_21594694.jpg
よくよく見ると、かなり重厚感のある造り。
f0033003_2203331.jpg
屋根内側も、かなり厳重に組み立ててありました。
f0033003_2213688.jpg
冬用でしょうか。薪のストックも有ります。
f0033003_222473.jpg
合掌造りの民宿。良い感じの風情です。

景色に大変満足して、白川郷を後にした。
ここから、高速バスで1時間。一気に金沢へ。
f0033003_2232281.jpg
金沢駅に到着してみると・・・エントランスがデカい!加賀百万石、畏るべし。。

で、再び鈍行列車に復帰。福井まで。
f0033003_226882.jpg
途中、加賀温泉駅にて。B級スポットになってる巨大観音(ユートピア加賀の郷)が見えた。
f0033003_2291590.jpg
福井に到着後、途中下車して、念願のヨーロッパ軒のソースカツ丼を戴く。駒ヶ根のと違って、こちらはカツ・飯だけの直球勝負。個人的には、甘辛い味付けの駒ヶ根の方が好きだが、このシンプルな取り合わせだけで美味しい福井の方も、なかなか味わい深かった。

これで、今回の旅の目的は終了。
後は福井→敦賀乗換えで、新快速で帰阪しました。いろいろ鈍行に乗って来たけど、この新快速が混雑率も高かったせいか一番疲弊した。。



f0033003_2216185.jpg

番外編、今週のインパクトたぬき(福井にて)
[PR]
by kuruma0929 | 2008-08-24 22:19 | レジャー

鈍行列車の旅 一日目(日本一のモグラ駅へ)

他の人より1週遅く、帰省用の夏休みを取った。
ただ実家に帰るのも面白くない為、鈍行(青春18)で帰る事に。
f0033003_21245546.jpg
まずは横浜9:44発→高崎11:56着。2時間以上乗る為、グリーン車にしたものの、それでも長丁場でしんどかった。。
f0033003_21281873.jpg
高崎でしばし休憩。名物らしい鶏飯弁当にありつく。
f0033003_21295249.jpg
続いて、高崎12:22→水上13:24着。中途半端な郊外住宅地だった景色も、ここに来て険しい山々が眼前に。
f0033003_21315367.jpg
利根川上流はラフティングのメッカ。鬼怒川は満喫したので、次はここに挑戦したい所。
f0033003_21343719.jpg
ここからちょっと脱線して、バスに乗り換え。水上駅前13:30→土合駅前13:45着。利根川の更に上流の、崖崩れだらけの道を北上した。
f0033003_21363323.jpg
大雨の中、谷川岳の最寄駅、土合駅に到着!ローカル駅だと言うのに、非常に立派な門構えである。
で、ここから目当てのモグラ階段に入って行った。公式には、改札→ホームまでは徒歩10分程度だが、この段階で、電車の発車時刻まで、あと5分。。。
f0033003_21404989.jpg
刑務所の廊下みたいな通路をダッシュすると・・・
f0033003_21412812.jpg
でたー!想像以上のロング階段。必死に降りるものの、段数が6段→踊り場休憩の連続で、表面も濡れており、めちゃくちゃ下りにくい。脇でエスカレーターの設置工事をしてたけど、一体費用はいくら掛かるのやら。。
f0033003_21443128.jpg
本当に、ギリギリで乗車。ホームが長い割に、列車の停止場所がどこなのかも不明瞭だったので、かなり焦りました。。
f0033003_21455962.jpg
で、再び列車の旅へ。雨も止み、魚沼の米所を列車は快走。
f0033003_21505377.jpg
土合13:53→宮内乗換→直江津17:04着。途中、中越地震で土砂に埋まった青梅川駅を通過。見事に復旧していたが、青春18のポスターにもなった「日本一海に近い駅」も、若干風情はダウンか。
f0033003_21555527.jpg
直江津で乗り換えて、17:33→富山19:26着。今日はここで泊まる事に。
ただ、目を付けていたAPAホテル(駅前、朝食・大浴場付で4000円)は満室で(おわら風の盆の前夜祭か何かで、この日は富山・高岡共、ほとんどのホテルは満室だった)、やむなく県庁前のダイワロイネットに宿泊。なぜか「これしか部屋がありません」と、トリプルの部屋をあてがわれ、広すぎて妙に落ち着かなかった。ただ、結構疲れてたのか、ソフトボールの決勝を見届けてる内に眠りに付いていた・・・。
[PR]
by kuruma0929 | 2008-08-21 21:24 | レジャー

初夏の北海道ドライブ③-2

f0033003_6122671.jpg
今回の旅の目玉、旭山動物園に到着!こちらも平日とは言え、結構な入りでした。
f0033003_613326.jpg
まずはペンギン館へ。水中トンネルがあり、かなり間近で観る事ができました。
f0033003_6135478.jpg
f0033003_6143122.jpg
水中・陸上どちらも観易かったです。
f0033003_615077.jpg
ちょうど「モグモグタイム」という餌やりの時間で、
飼育員が紙芝居で説明を付けてくれました。
f0033003_6171464.jpg
旭山は、行動展示が売りとの事で、動物が動き易くなる様、小屋の遊具にもかなり工夫が施されてました。
f0033003_6182175.jpg
痒いのでは無く、マーキングだそうです。
f0033003_6185981.jpg
ホッキョクグマの尻もばっちり。
f0033003_6192638.jpg
アザラシも、目の前のトンネルをニュッと通ってくれます。サービス満点。
f0033003_62192.jpg
クライマックスは、オランウータンの綱渡り。
f0033003_6215035.jpg
対岸のエサを求めて、まずお母さんが渡って来ます。
f0033003_6221631.jpg
つづいて赤ちゃんも。ただ、既にお母さんがエサにありついてましたが、後で嫌々ながら子供にも分け与えてました。
大変満足し、旭山動物園を後にした。
f0033003_624339.jpg
帰りは千歳から飛行機。洞爺湖サミットムード一色でした。
f0033003_6245414.jpg
アップグレードを使い、人生初のプレミアムクラスに搭乗。食事も美味しかったです。ゆったり座る事ができ、あまり疲れる事なく、帰宅する事ができました。また1からマイル貯め直しですが、何とか1年に1回は楽しみたい・・・。
[PR]
by kuruma0929 | 2008-06-23 19:11 | レジャー

初夏の北海道ドライブ③-1

f0033003_5572729.jpg
朝一、富良野へ向けて移動開始。
まず、狩勝峠(標高644m)を通過。
f0033003_5585279.jpg
途中、鉄道員のロケ地に立ち寄り。
f0033003_60173.jpg
帯広から約150km、ファーム富田に到着。平日だと言うのに、結構な客入りでした。
f0033003_614041.jpg
f0033003_614772.jpg
ラベンダーはまだこれから、という感じ。
f0033003_631097.jpg
温室では綺麗に咲いてましたが。
f0033003_633960.jpg
ラベンダーソフトを食べる。も、芳香剤を食ってるみたいで、イマイチ。。。
1時間ほど見学して、美瑛へ移動した。
f0033003_65512.jpg
美瑛に到着後、丘の上にある、ちょっとした森の中のレストラン「ブラン・ルージュ」で昼食。天気が良かったので、オープンテラスで戴きました。店の雰囲気もさる事ながら、ビーフシチュー・カレー共、美味しかったです。
f0033003_684662.jpg
f0033003_685668.jpg
近くの展望台から、周辺を眺める。3日目にしてようやく天気に恵まれ、旭岳もばっちり見えました。

この後、旭山動物園に移動。
(③-2へつづく)
[PR]
by kuruma0929 | 2008-06-23 12:56 | レジャー

初夏の北海道ドライブ②-2

f0033003_19314848.jpg

三股より南には、チラホラと旧国鉄士幌線の廃線が。
f0033003_19325182.jpg

廃駅も良い味出してます。
f0033003_1934481.jpg

深い森の中でも、かつての線路跡がくっきり。
f0033003_1935787.jpg

林道に入り、廃線跡を進むと・・・
f0033003_19354914.jpg

ダム湖に沈んだ、タウシュベツ橋梁に到着。
f0033003_1936552.jpg

まるで古代ローマの遺跡の様な佇まい。
f0033003_2005512.jpg

序々に水位が上昇し、秋にはダム底に沈む。正に、幻の橋。
f0033003_2022845.jpg

橋を後にし、再び帯広に向かって南下してると、こんなトロッコを発見。
地元のNPOが廃線跡を利用して、作ったそうな。
f0033003_2053292.jpg

面白そうだったので乗ってみると、結構スリルがありました。

再び車に戻り、走る事30分。
日本一の面積を誇る、ナイタイ高原牧場の展望台へ向かった。
f0033003_207967.jpg

が、またしてもキリで何も見えず。。。
f0033003_2075485.jpg

仕方なく、中でソフトクリームを美味しく戴きました。
f0033003_2085086.jpg
f0033003_2085778.jpg

牧場の中腹では、少しは景色も。晴れてたらめちゃくちゃ綺麗だろうに・・・。
f0033003_209510.jpg

18時、ようやく帯広に到着。
大将がやたらと饒舌な新橋で、名物の豚丼を食べて、2日目終了!

(3日目につづく)
[PR]
by kuruma0929 | 2008-06-22 19:31 | レジャー