<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さすがは伊藤園

上期締めのシーズンだけあり、今週は月曜以外、毎日飲み会が有りました。
その中で、一度帰りが深夜2時過ぎになった事が。

ずっとタクシーに乗って帰って来たんで、喉はカラカラ。
一緒に帰って来た寮の後輩と、ジュースでも飲もうかと自販機の方へ行った。
後輩は伊藤園の「ナタデココ ヨーグルト味」を購入。
ははは、喉が渇いてる時に固形物はきついだろう。
ここはやっぱスポーツドリンクでしょ、と思って商品ラインナップを見る。

普通はそこでポカリやアクティブダイエットとかを飲む所ですが、
うちの寮には何故かサッポロ・伊藤園のマイナー自販機しか無い。
ポカリはおろか、アクエリ・アミノサプリすら無く、唯一あるのはこの

f0033003_1954579.jpg



「カテキンサプリメント300」という怪しい飲み物のみ。





伊藤園フリークの私を持ってしてもその怪しさとパッケージのやる気の無さから今まで飲んだ事は無かったが、あまりに喉が渇いてたので勢いで購入した。
見た目の色合いは、何となくキリンの初代「サプリ」(↓参考)に似ている。
f0033003_2075939.gif


実際に飲んでみると、一口目も予想通り「サプリ」の様な甘めの味。なかなか爽やか。
しかしそこから

口中に一気に溢れ出す、まさかの緑茶渋味!

最初→スポーツドリンク
後味→ヘルシア緑茶(結構渋目)  という感じで来ます。

お茶でもっている会社だからって、
スポーツドリンクにまで渋い茶味を加えるとは・・・伊藤園の男気には感服です。

しかしこれは明らかに、
飲みかけのスポーツドリンクに誤ってお茶(しかもヘルシア)を詰め間違えた様な味。
酔い潰れて寝る前に飲むには刺激が強すぎます。。
ナタデココの方がヨーグルト味で美味しそうだった。無念(´・ω・`)
[PR]
by kuruma0929 | 2006-09-30 20:44 | マイナー系

セシル が パラディン に なった!

オリックス:中村監督が退任 成績不振を理由に(毎日)

いやー、何だかんだで身の振りを考えられてたみたいですね。
今月初旬には辞意を伝えてたとは。
監督続投+神戸半撤退では、正直来季の応援はきついと思ってましたが、
これで望みが繋がれました。

次期監督への積み残し課題としては

・高年俸選手の優遇撤廃
・若手長距離砲の育成
・左腕ローテ投手を最低1人は一本立ちさせる
・中継陣の再構築
・ガルシア+早川+相川を上手に起用    等、言い出したらキリがありません。

個人的には、チームが明るくなりそうな梨田氏か、
再出発と話題性を買って福本・金村氏辺りを希望です。


---------------------------------------------------------

ところで、某掲示板で
「広島の鈴衛が遂に解雇か?!」との憶測が飛び交ってます。

・確かに引退試合っぽい使われ方をしてます。
・新庄が背番号を63に変えたのは、鈴衛へのリスペクトでは?との説まで(←デマ)


もし解雇となれば、今年の誕生日(9/29)は

「kurumaさんって、同じ誕生日の有名人って誰?」

「ああ、広島の鈴衛」

これが使えんとなると、もう他に誰も有名人がおらん・・・。
[PR]
by kuruma0929 | 2006-09-27 23:38 | オリックス

後藤が左を攻略!!

久しぶりに、ネットで野球中継を見た。

オリックス 5-4 ソフトバンク <勝:萩原 敗:吉田>

勝ったけど最早勝敗自体はどうでも良く(平野に勝ちが付けば良かったなあ…程度)
来季への収穫を求めて見てたのですが、
そういう意味で嬉しかったのは3点。

①8回、後藤の勝ち越しタイムリー2塁打

  ・代打で結果出した
  ・相手は左腕、しかも今季被安打0の吉田御大
  ・初球じゃなく、追い込まれてから打った

→打率が急降下している中で、良いアピールになったと思います。


②森山から始まる攻撃起点

   ・4回はきっちり送りバントを決めて
   ・6回は先頭で出塁し、下山の2ラン呼び込む
   ・8回も出塁し、後藤の2ベースで1塁から一気にホームイン

→十分に持ち味を発揮してます。9番バッターがこんな存在だと頼もしい。


③ガルシア大活躍

   ・3安打で打率が.250突破!是非とも残留させて下さいね。
   ・しかもチーム内単独トップとなる、13号ホームラン。
    →ノリの今年唯一の言い訳材料を、見事に消し去ってしてくれました。


プレーオフが消えた時点でめっきり野球を見なくなってたけど、
来季を意識して見てると結構楽しいですね。
今日は実況が鷹一辺倒で、
「下山はいつも守備固めで出てくる選手ですよね」
「萩原はそんなにコントロールの悪いピッチャーじゃないんですが」
とか何とか、オリックスの選手に対して適当過ぎ!(笑)
無料で野球中継やってくれるのは嬉しいんですが。
[PR]
by kuruma0929 | 2006-09-23 16:35 | オリックス

トースターやられる

1週間程前に、トースターを購入しました。
最近はウォーターオーブンレンジとかなら4万近くする中で、
ナショナル製で2,500円の物を発見。
こりゃ良い買い物をした!と、ホクホク気分で使ってたら

落っことした。。
f0033003_22391612.jpg

単に小型冷蔵庫から50cm程落ちただけなのに、
中の台座は超熟(5枚切)と共に吹っ飛び、
ケースは陥没、蓋が完全に閉まらなくなってしまいました。
あまりの脆さにびっくり。。

安かったとは言え一応ナショナル製だし・・・と思ってたが、
そういう問題では無いんですね。

むしろ同じ仕様で同じ価格だったら・・・

FU○AIとかの製品原価 = 価格 - 利益
ナショナル の製品原価 = 価格 - 利益 - ブランド代

だから、条件によっては
意外とFU○AIとかの方が品質が良いのかもしれない。

後ろを振り向くと「EUPA(台湾)」製の扇風機が今日も頑張って回ってくれている。
1,200円で買った割には、2年目に突入しても快調そのもの。
安い家電には、ブランド力は関係無さそうです。
[PR]
by kuruma0929 | 2006-09-13 23:00 | 社会人

むちゃくちゃなフューチャーって

先週の木曜、割と早く会社から帰る事ができ
何気に「うたばん」を見てると、
「GYM」というジャニーズ系のユニットが歌っていた。
タイトルは「フィーバーとフューチャー」。

-------------------------------------------------------
ジュースの空き缶投げてみたら ゴミ箱にゴールしてさ
気楽にやりゃイイコトとかありそうだよね

頭で考えてちゃ そう おもしろいことなんてナイ
感じるまま わがままに やりたいことをやってみれば

青春でフィーバー
むちゃくちゃなフューチャーがいいね
-------------------------------------------------------


↓感じるまま、わがままにやってみた結果

「泣き止まなかったのでカッとなった」交際女性の長男を死なす(毎日)
「うさ晴らし」ゆりかもめ異臭騒ぎで35歳男逮捕(毎日)
稚内の母親刺殺、協力した15歳友人も「金が欲しかった」(産経)
「残しておくのもかわいそうなので母親も殺した」両親殺害の17歳少年(毎日)
「家や現実から離れたかった」高1長男放火で母子3人死亡(共同通信)
埼玉民家全焼、中1長男「両親が死んでも仕方ない」と話す(毎日)

亀田興毅、かませ犬にダウンを浴びた自身の調整不足を棚上げし「あいつだけは許さん」「次は死ぬな」(ZAK)
亀田父「(たとえスポーツ界のチャンピオンであっても)青春時代なんだから、悪いことをしてもいいじゃないか」(ZAK)
清原、死球に報復宣言「次当てられたらそいつを倒す」

すごい歌です。歌詞の内容的には、バレーボールよりも
亀田VSランダエタ再戦の主題歌にしてくれたら神なんですが。

若年層に影響力のある山下智久とかがこんな歌唄ってたら、
そりゃ、今後も何でもありな社会が増長して行くわな。。
[PR]
by kuruma0929 | 2006-09-03 13:16 | その他

持続できない地方都市

今朝のニュースで、ローカルな記事が取り上げられてました。
尾鷲市、激務で産婦人科医消滅の危機・・・休みは年末の2日だけ(スポニチ)

この町へは、大学時代にフィールドワークに行ってるんで思い入れが強いです。
周囲を海と山に囲まれた正に「陸の孤島」であり、
市外へ行くにはヘアピンカーブだらけの国道を超えて行くしか無い所。
そんでもって雨量も多く、地元民が言うには
「上からも下からも雨が降る様な体感」との事。
(雨足が余りに強く、地面に跳ね返ってまた体に当たってくる)
海側から流れてくる湿気が山にぶつかり、尾鷲にばかり雨を降らす仕組である。

中央商店街は半分以上空き店舗で、
不景気の煽りで出来たパチンコ屋ですら殆ど潰れてる様な状況であった。。
地元に大学+有力産業が無い為、若者はみんな市外へ出て行き、
就職時のUターンも殆どいない。
その為、特に町の中心部は高齢者率が異常に高い。

とは言え、郊外や遠隔地に暮らす農家・漁業家は自給自足の生活を送っており、
結構裕福な人も多かった。
熊野古道の中継地でもあり、
産業としては弱いが森林・水産資源も豊富。
自然との共生感・時間の流れのゆっくりさが感じられる、
ロハス志向の人にはたまらない地域なのである。

私はフィールドワーク後、
「お年寄りの交流を支援する福祉都市にして、
  定年後の団塊世代を呼び込んだらどうか?」
みたいなレポートを書いたが、
現実として市が優先しているのは
福祉では無く高速道路の建設だった。

「高速道路建設という一大公共事業で、地元の建設産業が潤う!」
「県外からの集客も見込める!」
と一時的でしかない幻想にかられて、
役所側は建設を進めています。

しかし、私が商店街で聞き取りをしてた地元民達は冷静だった。

「県外から人がやって来るよりも、
 むしろ県外に行きやすくなって、余計人が出て行ってしまうと思うよ」


その通りだと思った。
ましてや、官主導のハコモノ公共事業で景気回復を図るだなんて、
時代錯誤も甚だしい。

激務である産婦人科医・小児科医については、
若手医師の敬遠による慢性的な医師不足が取り上げられているが、
地域ぐるみでの医師育成・確保を考えてこなかった事も原因の一つに思う。
本当に将来の事を考えて、持続可能な地方都市としての自立を考えていくならば、
今からでも医療・福祉等のサービス面を優先して行くべきだと思うが・・・。
[PR]
by kuruma0929 | 2006-09-03 09:06