<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

バブルの象徴へ②

28日、年末の最終出勤日。
最終日だけに仕事は15時で切り上げられ、
15~17時までは、オフィス内でささやかな納会もあった。

そして17時過ぎ、明日から帰省するんだし、
早く帰って散髪して部屋の掃除しよう・・・と、
重役室の方へ行ってた部長へ挨拶しに行った。

部長は新任の重役と飲んでいた。
部長から「彼は重役と同じ大学出なんですよ」といらん紹介が有り、

重役「そうか!そら君今日は飲みに行かなあかんよ」
私「(で…でも散髪が。。)部長も行きませんか?」
部長「私は早く家帰って、家族ともつ鍋食わなあかん」
     ('・ω・`)

と言うわけで、重役と2人っきりで飲みに行く事に。
重役「どうや君!銀座とかなかなか行った事無いやろ?」
私「ええ、全く行った事無いですね~。楽しみです」

カラ返事をしたものの、さすがに重役だけあって、
銀座の場末じゃなくて、並木通りの一等地にあるクラブに連れてってもらった。
重役「君、何か歌え!」と言うので、
ここは新橋のスナックで鍛えたルパン三世愛のテーマで盛り上げようとしたが、

なんとカラオケは無くて、生演奏のみ!
秋篠宮様と森本レオを足して2で割った様な伴奏者が
何を歌うんですか?私レパートリーは少ないですよ。と見てくる。
重役「君、あれや!いとしのエリー歌え」
OKするまでも無く、伴奏スタート。
しかし、カラオケと違ってどこから入って良いか分からず、歌い出しをスルーしてしまう。
伴奏者「(もう一回伴奏し直して)はい、いとしのエリーですよ」
な ん だ こ の 重 圧 は

とはいえ重役自体は良い方だったので、その後それなりに楽しむ事はできた。
しかし気を使いすぎて疲れ果て、翌日の飛行機に乗り遅れたのだった・・・。
[PR]
by kuruma0929 | 2006-12-28 23:53 | 社会人

バブルの象徴へ

年末の思い出。

12/26は、バブル時代の残り香がする隣部の上司と、
なぜか銀座へステーキを食べに行く事に。

新橋から歩いて5分、並木通りの一本横のビルに店はあった。
周りには不自然なほど、ゾロ目ナンバーの外車が何台も徘徊。
待ち合わせ指定されたビルに行くと、玄関には黒スーツでキム兄みたいな強面のおっさんが雨の中立っていた。上司の姿は無い。おそるおそるキム兄に店の場所を尋ね、中へ。

上司はすでに中へ入って、ふんぞり返っていた。
早速コースを始めてくれと告げると、ワインを勧められる。
リストには、サイゼリヤの100倍は高い様なワインばかり。
「赤ですか?白ですか?」
「お、おすすめを・・・」と最悪な答え方をしたため、かなり高めのワインが出てきた。

エプロンを付けてもらいながらまごまごしていると、
老人と美女のペアが「社長!いらっしゃいませ」と言われながら入ってきた。
生まれて初めて見る同伴出勤に、ますますイモる私。

逃げる様にトイレへ。
入った瞬間に電気が灯り、続いて便座が勢い良くオープン。
kuruma は すくみ あがった !!

そうして出てきた料理は・・・前菜のエビ・野菜は旨かったが、
メインの肉は脂:肉=7:3ぐらいで、しかも肉は超レア。
どこを食えばよいのか。。と思ったが、隣の老社長はハッハッハと笑みを浮かべてレア肉を平らげていた。

会計を見て上司には当分頭が上がらない気分にはなったが、
正直こんなエグゼクティブ食は口に合わない!年末年始はナイシトールを買ってロハス(Lifestyle of Health and Supplyment)に暮らさねば。。
[PR]
by kuruma0929 | 2006-12-26 23:41 | 社会人

亀田はイメージアップ、でも取り巻きは・・・

12/20亀田Vsランダエタ みんなの採点結果(yahoo)
世論も、昨日は素直に亀田の勝利を認めました。

亀田自身は、絶対に負けられない場面で、プレッシャーにもめげず善戦したと思います。ダウンは奪えなかったが、相手に当てたポイント数は素人の私から見ても亀田優勢でした。試合が終わった後、ランダエタと抱き合うシーンもあったし、今回の試合でかなりイメージアップになったでしょう。

ただ、やはり許せないのが、背後で金儲けを企む取り巻き達である。
まず例によってTBS。5ラウンド以降は亀田優勢だった事に間違いないが1~4は割と互角だった様に見えた。それなのに

ランダエタがボディーをヒット
実況「(スルーして)今日は会場に清原さんも来てます」

亀田が顔をヒット
実況「右フックゥゥー!!」
→今回導入したピンポイントカメラで、亀田がヒットさせたパンチばかりを何回も流す

日本人を応援するのは当然にしても、
前回も偏向報道でバッシングを受けてるのになぜ配慮せんのか・・。

そしてもう一人は石原真理子。あんたは何で来とるねん!という感じ。前回の試合の時には芸能活動すらして無かったんちゃうか・・。明石家さんまとの実名不倫告白とか、亀田に群がったりとか、他人のふんどしで相撲取りすぎ。多分今回騒動で小金を稼いで芸能界からドロンする気だから、何を言われようがお構い無しなんだろうが・・。
[PR]
by kuruma0929 | 2006-12-21 12:37 | その他

チャラオケ in 日暮里

f0033003_1225748.jpg


今日は関東Bsブロガーの忘年会へ。
会場は前々から行ってみたかった、ここ!



f0033003_125521.jpg

ひちょりの知名度で繁盛してる…だけでは無く、普通に美味しかった。サービスも良く、4時間食べ続けて一人6000円と、かなり良心的な所だったと思います。


f0033003_1271730.jpg



←他にもゴレンジャーのフィギュアとかが有りました。





ひちょりのお父さん(やっぱり似てる)に、ドラフト小咄を聞かせて頂いた。ひちょりが入団した98年秋は、日ハムも松坂を競合1位指名しており、獲得できるか否かで指名順位が変わる所だったそうな。で、もし日ハムじゃ無かったら、次にあった可能性はオリックスだった!との事。それから8年、若手を育てる環境という意味では、よくぞ日ハムに入っといた


周りには札幌から来た老夫婦(日ハムファン)ご一行、ロッテファン、旧近鉄ファンなど、パリーグファンが勢揃い。パリーグ同士の絆と言う事で熱いエール交換をしたものの、最後は「阪急電車ではよ帰れ!」と言われながら退場。


そして、焼肉をたいらげた後は、例によってチャラ夫会(Kazmaさんの命名でチャラオケに改名)へ。開幕戦以来の参加でしたが、
f0033003_135262.jpg

モニター上に後藤の扇子まで供える相変わらずの熱狂的ぶりで、嬉しかったです(笑)


主催のミスチルファン1974さんを始め、
江戸っ子さちさん、Kazmaさん、神戸太郎さん、佐竹台さん、
しくれてぃずむさん、平野台さん、ふみぞーさん、りんかんさん、Ronさん(五十音順)
どうも有難うございました!
さすがに眠たいんで、リンクはまた明日貼らさせて頂きますm(__)m
[PR]
by kuruma0929 | 2006-12-17 01:45 | オリックス

正に大岡裁き

オリックス ノリに50%以上減提示へ(デイリー)
---------------------------------------------------------------------------------
オリックスが12日に契約更改交渉を行う中村紀洋内野手(33)に今季年俸2億円から大幅ダウンの8000万円程度を提示することが11日、わかった。両手首痛などを抱えての出場で中村が訴える「公傷」も、球団側は断固として認めない方針。球団関係者は「1億円を超えるダウン」と話している。

また、交渉役の長村球団本部長補佐が
「公傷扱い」は平野恵だけに適用することを明言。
---------------------------------------------------------------------------------

実に公平な采配!
ボールを追いかけて行った結果として怪我した平野と、
死球を受ける前から成績が悪かったのを棚に上げて怪我を主張するノリさんを
そもそも比べる事自体がおかしい。

ましてや、中堅~ベテランの粋で、しかも中軸打者にある人が、
いつまでも言い訳ばっかりしてたらあかんでしょう・・・。
しかも、シーズン終盤手首痛で休んどいて、
更改でも手首痛いのをアピールポイントにしようとしてる割に
前日に礒部とゴルフ行ってるし。
注目されるべき立場でありながら、どうしてそう無神経なのか。


で、交渉1回目終了後のコメント。
中村紀、公傷却下&大幅ダウン提示「ショックの一言」(時事通信)
常人の発想なら覚悟してても良い所だが、
この人の場合はリアルに予想してなかったぽいから恐い。。

50%減提示は、ほぼ戦力外通告みたいなもんだと思います。
↓こんな記事も出てるし
オリックス ラロッカ獲得決定的(スポニチ)
ラロッカ獲ったら、後藤・塩崎が三塁へ追いやられ、
ノリさんはよほどの復活が期待できない限り、必要無いでしょう・・・。
[PR]
by kuruma0929 | 2006-12-12 20:57 | オリックス

島耕作、社長への足固め開始!

気がつけばモーニングを欠かさず立ち読みしてる日々・・・。

先月のブログで少し書いたんですが、
専務へ昇格し、アメリカの統括を任された島耕作だったが、
やる事と言えば、
かつての恋人と寝て孫にプレゼント買って隠し子にこっそり会って・・・等
未だにアメリカで仕事らしい仕事はしていない。

ちなみに隠し子はアメリカで、
「Nyacco」という新橋の場末のスナックみたいな名前で芸能活動をしている。
今は中絶・ドラッグでバッシングを受けるなどやさぐれており、
果てには「本当は私の父親なんでしょ?」と、アメリカに来た島耕作を問い詰めてくる。

このままでは、島の出世街道にヒビが・・・と思ったら、今週号で奇跡が起こった!
Nyaccoが住むマンハッタンのアパートに、
訓練中に操縦失敗したセスナ機が突っ込んだのである!
なんとどこかで聞オリジナリティーのある設定!

今週号で「ま、私にはこの役職が打ち止めだ」とは言ってるものの、
更なる昇進に向けて、暗い過去の処理が始まった様です。(しかもあるあるネタで処理)
きっと隠し子は病院で2人っきりの時に「パパ、楽しかったわ」とか呟いて亡くなるに違いない。。
[PR]
by kuruma0929 | 2006-12-09 09:22 | マイナー系

TBSのスポーツ報道について

今日の日経朝刊「スポートピア」で、
シンクロコーチの井村雅代氏が世界バレーを振り返り、
TBSの報道姿勢に対して苦言を呈しています。

勘違いバレー中継(日経)

スポートピアって、いつもは
内館牧子が自分の事は棚に上げて「横綱にはもっと品格を」とか
豊田泰光が「私の若い頃は・・・ON全盛期は・・・」とかばかりなんで除けてましたが、
今回は痒い所に手が届くコラムだった!


井村氏は要点として、
世界バレーなどの近年のスポーツ報道について

(1)「メダル確実」とか、日本チームに過期待させる様な演出するな!
(2)緊迫した勝負の世界に、選手の倍近くもアイドルを送り込むな!
(3)選手の緊張感を削ぐ様な、過剰ライトアップ・カメラ向けをするな!

あたりを書かれてました。正にごもっとも。

(1)は、完全にアテネ五輪のメダルラッシュに起因してると思います。
誰しもが、「日本はメダルの常連」という錯覚に陥ってしまい、
それを未だにメディアは引っ張って、食い物にしようとしてる感がある。

(2)は賛否両論。
野球とかでも試合前にチアが踊ったりするし、ある程度盛り上げる事は確かに必要。
ただ、開幕戦とかのセレモニーでやるならまだしも、
毎試合毎試合WaTやモーニング娘が開始10分を丸々使って歌う必要は無い。正直、しつこい。

TBSなんかは、
「じゃあ、バレーの様なマイナースポーツを普通に放送して、客が入るんか」
とか言いそうだが、競技外の演出で薄っぺらいファンを集めても、
それは一時的な現象で終わってしまうだろう。
バレーの将来の事なんかどうでも良く、
単に広告料目当てで、その場の視聴率さえ稼げりゃ良いという魂胆が見え見え!
それだけに、WaTが最終戦で
「これを機会に、もっともっと多くの人にバレーを知ってほしい」
て言ってたコメントが辛い。当人達は本気だとしても。。。

私ももう一つ追記するなら、

(4)偏見に満ちたニックネームをいちいち付けるな!   があります。

これはフジも同様で、選手を覚えやすくするための手法だとは思いますが、
ファイティングエリカとか、ミスターバレーセンスだとか、
選手を一元的な見方で括ってしまうのは勘弁。
どう受け止めるかは、視聴者に選ばせて欲しいです・・・。


トリノ五輪、W杯、亀田対ランダエタ、世界バレー・・・
スポーツの当たり年だった今年、TBSを始めとしたおちゃらけスポーツ報道は、
今年一年は特に酷かった。

ビジネス>スポーツ
エンターテイメント>スポーツ

の構図は公平な勝負の妨げとなり、最悪ヤラセにまで発展する諸悪の根源。
ヤラセが入ってしまったら、それはもうスポーツでは無く、単なる演劇だと思う。
(個人的意見として。スポーツだって娯楽だと言う意見もあるが・・・)
そんなんで視聴率が取れる、大衆操作なんて容易だと思って、
また過剰演出を企むメディアに馬鹿にされるのは、もう勘弁!
[PR]
by kuruma0929 | 2006-12-05 23:26 | その他