<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ハリウッドスターにやられた

5/31(木)
 オリックス 1-4 ヤクルト (5回コールド)

18時頃、会社の窓から外を見ると、
地球の終わりみたいな暗雲が西から押し寄せていた。
ああ・・・今日は中止やろな、と思ったが、まさかやってたとは。

結果は、ヤクルト先発のグライシンガーに抑え込まれ、タイムリーを打たれ、
暗黒魔将ガイエルにとどめのホームランをくらい、連敗。

名鑑で見たが、グライシンガーは名前からは想像もできないかなり甘いマスクだった。
ぬかるみにもやられ、オリックス先発だった辛いマスクの方はさぞかし無念だったに違いない。
[PR]
by kuruma0929 | 2007-05-31 22:37 | オリックス

吉井、今度こそ!

オリックス吉井が、燕討ちに気合十分(サンスポ)

この所ボッコボコに打ち込まれ、
「見てのとおりです。今日は何も言う事はありません」
連呼していた吉井ですが、
同じくボッコボコのヤクルト相手に、果たして立ち直ってくれるか。

彼の場合、安易に2軍に落とすと、引退の危険性が出てくる為、
首脳陣としても、我慢の起用だと思います。期待に応えて、おっさんに輝いてもらいたい。


中村勝広氏、オリ国内部門編成責任者に(スポニチ)

宮内オーナーいわく
「編成・トレードは毎年不成功に終わっている。
     素人の独断にならない様にしたい」
ですが、
毎年不成功にさしている人を連れてきてどうすんねん、と。

もしや暗黒のプロと見込んで再雇用か??
これで「清原・ノリが抜けた今、右の大砲が必要」とか言って江藤とか獲り出したら、
宮内氏はやはり真性のMですわ。。
[PR]
by kuruma0929 | 2007-05-30 09:42 | オリックス

そんなに甘くは無かった


5/28(月) オリックス 2-8 巨人

f0033003_7295283.jpg


<今日の収穫>

・小笠原はセリーグで元気にしてる事がよく分かりました
・私の中学からの友人がいかに二岡に似てるかを、嫁が理解してくれました。
・私が観に行くと、後藤が良かった試しが無いです
(3ランに繋がるエラー、無死一塁で貫禄のポップフライ、大勢決まった9回2死に帳尻合わせのヒット)



日高の1発で追いついた時には勢いで巨人に2連勝できるかと思ったけど、
そんな簡単に勝てる相手じゃないなぁ・・・と、つくづく感じさせられた。
まあ、水曜からのヤクルト戦で、また弾みをつけられれば。
[PR]
by kuruma0929 | 2007-05-29 07:32 | オリックス

これはもう東京Dへ行くしかない!

オリックス 6-4 巨人

強い。本当に強いわ。
巨人のお株を奪う2ランホームラン攻撃で先制、
ユウキが崩れて逆転されても、下位からの連打で再逆転。
小笠原の一発で追いつかれても、今度は中継ぎが踏ん張る。
特に吉田・高木。この2人が菊地原の代わりになるのか・・・?と正直思ってたけど、お見逸れしました。。
ローズの決勝HRも、裏の攻撃を諦めさせるくらいの特大弾だった。

・・・デイビーのボーク退場以来、球場観戦してなかったけど、流石にこれは行くしかない!
嫁をまるめこんで、定時退社して観戦してきます!
[PR]
by kuruma0929 | 2007-05-28 12:25 | オリックス

何この強いチーム

オリックス 7-0 阪神

昨日は接戦で、今日は圧勝で力を見せ付けたオリックス!
一体あの暗黒週間は何だったのか??暗黒騎士を極めすぎてパラディンになったのか・・・。

今日も
・北川下山の連続2ベース、早々とジャンをKO
・村松4安打
・4回は2死から大西が安打+盗塁
  →村松・ローズの連続強襲タイムリーで中押し
・6回はラロッカ2ランでダメ押し
・チームが当り出すと後藤は無安打

と、セオリー通りの勝ち方で、良い所ずくめ。

守る方でも
・毎回先頭を出しながらも平野佳が粘り、
・当ってる林威助の所で、後藤がダイビングキャッチ+中継好送球と貢献
・高木も四球で2人ランナー出しといて三者連続三振と、阪神の得点圏打率を下げるテクニシャンぶりを発揮。

遂に6連勝で、暗黒街道第2クールでの借金がチャラになった。
巨人とは

ユウキ VS 高橋尚
カーター VS 木佐貫

だと思うが、何とか1勝1敗で切り抜けてくれんかなぁ・・・。
[PR]
by kuruma0929 | 2007-05-26 22:34 | オリックス

本柳の気合!で勝利

オリックス 2-1 阪神

今日の試合は見ごたえがあった。
デイビー&ボーグルソンの力投、
3回には、後藤・大引の決死のファインセーブ、
4回には、ローズの超特大ホームラン、と、僅差をめぐるせめぎあいが続いた。

で、8回。

○赤星 四球
→1-2になった所で、ベンチのコリンズ&ローズと島田球審が激しく舌戦を始めた。振り返れば6回頃から、急にストライクゾーンが狭くなったなぁ・・・(高めと左右に厳しくなった)と言う感じがあったが、こんな所でベンチが茶々を入れるのは初めて見た。とは言え、デイビーも既に内心はカッカしてた様で、四球を与えた所でブチ切れ、退場。。

○シーツ 遊ゴロ
→アレンに制止されながらベンチに引きずり込まれるデイビーの横から、そろそろと13番の吉田御大が登場。若干同様してる様にも見えたが、幸いシーツが打ち損じてくれて、遊ゴロ。赤星が途中で盗塁決めて、1死2塁。

○金本 四球
→長打だけは駄目!な場面の為、日高は暗黒時代のチキンリードを彷彿とさせるほど、外角一辺倒の構え。吉田もコースぎりぎりを突き続けたが、金本に手を出してもらえず四球。1死1・2塁となり、ここでピッチャーを吉田→本柳へ交代。

○今岡 四球
→ここで本柳交代は、本柳贔屓の私でも驚いた。大分信頼されて来たなぁ・・。しかし本柳、ベンチから出てきた時点で、タウリンを5000ミリ摂った様なボルテージになっていた。実況から登板前のコメント紹介があったが、「シーツ・金本さん・今岡と、年俸の高い選手はすべて打ち取ります」と、爆笑した。投球練習で返球を捕る時も凄い気合。解説の山沖も「イレ込んでますねぇ・・・」と競馬のパドックみたいな表現をしていた。
→ここでも日高は外角一辺倒。本柳、気合が入り過ぎたか外へ外れるボールが多く、四球で1死満塁の大ピンチ。

○林 中飛
→初球真ん中に甘く入ったスライダーに手を出した!が、やや高めの球だったor好球過ぎたのか?林威助は打ち損じて、浅い中飛。赤星がタッチアップをした時はゾッとしたが、構えだけだったので助かった。2死満塁。

○浜中 左飛
→続く浜中も、初球の外角一辺倒スライダーを狙い打ち!打球は左中間方向へ飛んでったので、「やばい!抜けた!!」と思ったが、村松が良い所に守っていて、左飛でチェンジ!本柳のガッツポーズをみて、感動してしまった。


9回は加藤大輔に交代、大西のファインプレーも飛び出し、1点を守り抜いて辛勝した。
お立ち台はローズがまだ興奮してた為か本柳と加藤が2人で登場。
本柳は言葉を詰まらせながらも「気合」を連呼しまくりで、解説から「気合って11回も言いましたね」とか突っ込まれてた。久々のお立ち台で、上がってしまったのか?03年に近鉄戦で初完封した時のヒーローインタビュー(スタンド側に向かって何度も頭を下げまくってた)と言い、やっぱ好感の持てる選手やわ・・・。
[PR]
by kuruma0929 | 2007-05-25 23:29 | オリックス

南九州の旅 ③

5/21、今度は鹿児島の朝焼け。
f0033003_0162757.jpg

市街地の向こうに、桜島がくっきりと映っていた。

この日も、時間を大事に・・・て事で、8時には宿をチェックアウトし、
8時発のフェリーに乗って、桜島入りした。
そこから、桜島をぐるっと一周観光。
下写真は、せっかく良い風景撮ったのに、ガラスに反射してマップルが映っとる。。
f0033003_0181031.jpg

f0033003_0191354.jpg

大正時代の大噴火で、灰に埋もれてしまった鳥居(3m)。
歴史を見てると、30年おきに噴火を繰り返してる様で、また10年後ぐらいが危険な感じか。
f0033003_0215377.jpg

10時過ぎに鹿児島へ戻り、そこから海岸線沿いに走って指宿へ。

写真を撮るの忘れたが、今回一番楽しみにしていた、「砂むし温泉」に寄った。
砂むし場へ仰向けになると、おばちゃん達がスコップで手際よく、砂をかけてくれる。
まずは手と足、最後に体全体へ。結構砂が熱い上、重力感がある。たちまち5分で汗がダラダラに。しかし・・・砂むしの後に風呂場で体を洗うと、すんごいサッパリした気分になった!岩盤浴の後のシャワーみたいな感じ。

ちなみに砂むし温泉の名誉館長は金田正一。
入り口に額縁が飾ってあった。何で。。。

帰りがけには、再度鹿児島で豚を食いに行った。
2回目は天文館通りにある「六白」へ。
f0033003_035865.jpg

ここで食べて思ったが、美味しい豚肉は、厚切りのとんかつで食った方がうまい!
しかもジューシーな為、別にソースで無くとも、おろし醤油で食べた方が、肉の旨味を堪能できる。世間一般には黒豚しゃぶしゃぶの方が有名だが、個人的にはとんかつの方が良かった。

最後に熊本まで3時間、高速をぶっ飛ばして旅は終了。
3日間の総走行距離は、なんと1000km超えた。
プチとは言え、本当に新婚旅行だったんやろか・・・(笑)
[PR]
by kuruma0929 | 2007-05-24 00:34 | レジャー

南九州の旅 ②

翌日、高台にある保養所から、朝焼けを見た。
f0033003_21584184.jpg

由布岳から昇る太陽と、霧に隠れる湯布院市街が、とても幻想的。

朝飯もそこそこに、高千穂へ向けて、8時に湯布院を出た。
ナビを「距離優先」に設定し、走り出すと
f0033003_2221094.jpg

ナビはどんどん細い道へ私を誘い、
f0033003_222511.jpg

気がつけばとうとうダートへ突入。
ナビに遊ばれてる感がしてきたので、国道優先に切り替えた。。
f0033003_229491.jpg

高千穂の手前にある物産館では、
廃線トンネルを利用して焼酎を貯蔵していた。
f0033003_2262149.jpg

その焼酎を使って作った「くろうまアイス」250円。
意外にも、バニラアイスと焼酎は合う!後味の焼酎風味がクセになる。
このほか、余計な成分は一切入ってない「芋あめ」300円も、素朴で旨かった。
f0033003_22103936.jpg

高千穂のハイライトは、写真の高千穂峡。
光と影、川のエメラルド+新緑と岩のグラデーションがたまらない。
時間があればボートも漕げた様だが、時間が無かったのでパス。
f0033003_22232112.jpg

高千穂は、とにかく橋が多い。
中でも、この青雲橋は圧巻。道の駅で止まって、思わず見とれてしまう。
f0033003_22152365.jpg

青雲橋を下から見てみた。よく架けたもんだ・・・
f0033003_2216385.jpg

しかし険しい所だけあって、災害も起こっていた。
青雲橋下からちょっと先の駅では、2年前の台風で流出した線路がそのままに。
壊滅的な被害を受けた様で復旧の目処立たず、そのまま廃止になるんだとか。厳しいなぁ・・・。

そこから延岡へ出て、宮崎市街を素通りし、
サンセットロードを南下し、
「サンメッセ日南」に辿り着いた。
ここには、世界で唯一、完全復元したモアイ像があるんだとか。
パーク内を進んで行くと・・・
f0033003_22205564.jpg

f0033003_22253824.jpg

あった。

f0033003_22255445.jpg

思った以上に精巧に復元してあり、驚いた。
モアイには手があるんか・・・。

どこにいるのか分からなくなってきた所で、宮崎へバック。
そこから高速で、一気に鹿児島へ向かった。

f0033003_22274635.jpg

19時30分、鹿児島着。
まだ間に合う!と、県交流センター2Fにある「華連jr」へと走った。
f0033003_22285479.jpg

名物の黒豚しゃぶしゃぶを頂く。
鹿児島来たなぁ・・・と、つくづく感慨ふけって、調子に乗って芋焼酎をがぶ飲みしたら、
芋焼酎が異常に濃かった為、ベロンベロンに酔い潰れて、2日目は終わった。

<走行距離 : 620km>
[PR]
by kuruma0929 | 2007-05-22 22:31 | レジャー

南九州の旅①

振休を駆使して、2泊3日の九州旅行へ行って来ました!

f0033003_2058270.jpg

5/19 ANA便で熊本へ。
今回は貯まったマイルで招待券利用。羽田→熊本じゃ、ちょっと勿体無いかな・・・とも思ったが、片道で33000円(羽田→鹿児島35000円)なら、まあまあか。
f0033003_2102191.jpg

そこからレンタカーを借りて、阿蘇山の麓、やまなみハイウェイへ。
安かったのでオリックスレンタカーにしたが、遠く離れた熊本営業所窓口にまでバファローズの試合ポケットカレンダーが山積みしてあった。。オリックス営業マンの心意気に感服です。
f0033003_2175624.jpg

4年前の初春、自転車で通った事のあるやまなみハイウェイ。
前回はまだ枯木ばかりでモノトーンの様な景色だったが、
新緑が芽生えると、また全然違う雰囲気でした。
f0033003_21102642.jpg

やまなみハイウェイを外れて、黒川温泉「のし湯」へ立ち寄った。
高いリピーター率を誇る温泉と聞いてたが、既に門構えからして良い雰囲気。
中はカメラ禁止だったんですが、岩風呂の上をモミジが覆う様に生えていて、木漏れ日を見上げながら入れるめっちゃ良い風呂でした。温泉街には余計な看板・ネオン関係が一切無く、街全体で雰囲気を保持している様な印象受けました。

ほっこりして、黒川温泉から宿の湯布院へ向かう途中、
「日本一の夢・大吊橋はこちら」という看板が。
ボッコボコの道を通って、矢印の方へ向かってみると
f0033003_21232412.jpg

すごい吊橋が現れた。
マップルにもナビにも載って無かったので後で知ったのだが、
この橋は歩行者専用橋では日本一の高さと長さを誇るのだとか。
f0033003_21181171.jpg

500円払って往復してみたが、結構揺れる。
確信犯なのか、床はグレーチング加工で隙間から下を見る事も可能。
ツアーで来てたおばちゃんの中には、腰を抜かして立ち往生してる人もいた。。

そこから20km走って湯布院へ入り、1日目は終了。

<走行距離 : 90km>
[PR]
by kuruma0929 | 2007-05-22 21:27 | レジャー

プチ新婚旅行

明日から3日間、プチ新婚旅行に出かけます。
たまったANAマイルを使って

19(土)
羽田→熊本→(ここからずっとレンタカー)→阿蘇→黒川温泉→湯布院泊

20(日)
湯布院→高千穂→宮崎→東国原→サンセットロード→鹿児島泊

21(月)
鹿児島→桜島→指宿→砂風呂→黒豚しゃぶしゃぶ→熊本→羽田


飛行機タダ、湯布院は保養所泊なんで、
実質お金がかかるのはレンタカーぐらい。
ちなみにレンタカーは結構安いオリックスレンタカー。
歴代外国人助っ人の名前を30人言えたら30%引きとかやってくれんかなぁ。
恥をしのんでプリアムボニチビティエロとか連呼するのだが・・・。
[PR]
by kuruma0929 | 2007-05-19 00:05 | レジャー