<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Bs大西とYB古木がトレード

オリックス大西、横浜古木が交換トレード(日刊)

平野恵・大西と言い、なぜ青波&いてまえの象徴を出してしまうんか。
まずます寄せ集め集団のイメージが強くなるのに。。
そのくせ獲得するのは濱中・古木とかで、
カブレラは薬中でも獲得します!て、
どうして守れない人ばっかり集めたがるのか。
もう暗黒スパイラルにはうんざり。アホの負広本部長を誰か止めてくれ~!
[PR]
by kuruma0929 | 2007-12-17 17:40 | オリックス

北欧4ヶ国の旅 4日目- ②

f0033003_22495868.jpg
市内最後の訪問地は、ノルウェー王宮。
スウェーデンの支配が長かった為か、
思ってたよりは、まるで支所みたいにこじんまりしてました。
f0033003_22515698.jpg
しかし、相変わらず公園はきれい。日本の様に紅葉で葉っぱが赤くなるには、それなりに湿度が高くないと紅色が付かないらしい。その為、北欧の場合の紅葉は黄色一色。

市内観光はこれで終了。
フィヨルドのある西へ向けて、長距離移動開始!
f0033003_22561976.jpg

f0033003_22595541.jpg
途中の郊外の街並みは、ベンチャー企業のビルが進出してる事もあり、
現代的なデザインで、これはこれでオシャレ。
f0033003_2323581.jpg
オスロから1時間ほど走ると、あっという間に田園風景に早代わり。
f0033003_2332189.jpg
湖畔の奥にはノルウェーの森が・・・。
f0033003_2343325.jpg
そうこうしてる内に気温が下降していき、気が付けば樹氷まで見られる世界に早代わり。
f0033003_237055.jpg
途中に立ち寄った、木製の教会。建築時期は12世紀まで遡るそうな。
f0033003_2385192.jpg
フィヨルドっぽい景色も見えてきた。目的地まであと少し!
f0033003_2393363.jpg
オスロから車で5時間、ようやくフィヨルド東端の小さな町・ラールダールの宿に到着。
f0033003_23111565.jpg
手で開けるアナログなエレベーターにちょっと感動し、4日目が終了。

(5日目・フィヨルド観光につづく)
[PR]
by kuruma0929 | 2007-12-06 23:15 | 北欧

北欧4ヶ国の旅 4日目- ①

f0033003_9281080.jpg
オスロでは朝一番、郊外のフログネル公園へ散策に出かけた。
f0033003_9291930.jpg
ここは、ヴィーゲランという彫刻家の為だけに国が作らせた公園で、彼の濃い作品が200体近く展示されている。全部「人の一生」がモチーフになってて、独特の雰囲気をかもし出していた。
f0033003_9282128.jpg
一番人気の「おこりんぼう坊や」。一番人気と言われても・・・
f0033003_93069.jpg
公園の高台にそびえる塔も・・・
f0033003_9304562.jpg
よく見ると激しく人が絡み合っている。これも一生を表しているらしいが、何と辛く悲しい人生。。
f0033003_933016.jpg
公園自体は市民の憩いの場となってる様で、とてもきれいに整備されてました。
f0033003_934484.jpg

その後市内へ戻り、オスロ国立美術館へ。ムンクの叫びを生で見た。

(撮影禁止の為、写真はありません。)

解説を聞いてると、両手で顔を押さえている人はムンク自身であり、
これは、ムンクが鬱状態の時に「突然空が血の色に染まり、自然を貫く様な異音を聞いた」幻覚を描写しているらしい。つまり、「叫び」とは、自然を切り裂く様な音の事であって、あの人自身は叫んでいるわけじゃなく、単に耳を塞ごうとしてああいうポーズをしているそうな。
しかしヴィーゲランと言いムンクと言い、冬の日照時間が少ないせいか、ノルウェーには心の病んだ芸術家しかおらんのかいな。。

(その2へつづく)
[PR]
by kuruma0929 | 2007-12-02 09:46 | 北欧