大阪夏の陣

帰省ついでに、2戦目を観戦してきました。
f0033003_10454057.jpg
JR大正に着くと、早速このポスターがお出迎え。
カッコつけてるのですが「半額」です。
しかも、右の2人は既に討ち死にしており、早めにポスターを作ったのが裏目に・・。
f0033003_10481526.jpg
半額とユニフォームプレゼントは奏功した様で、
12時過ぎに球場入りした時点で、既に外野下段は満席!
この日の戦闘服は袖が白かったので、今いち球場が赤に染まってなかったです。
f0033003_10502191.jpg
いよいよ合戦開始。果たして、史実を覆す事ができるのか・・・?
f0033003_1051638.jpg
この日のスタメン。
この3連戦、サードは北川ではなく全試合ホセ(摩夜)がスタメンだった。
調子が良いからとかではなく、単に漢字表示させたかっただけちゃうんかと。
ちなみにアナウンスも極力古風な日本語を使用しており、
たとえばライトは「右翼手」、先攻は「先攻め」、
コーチは「参謀」、大石は「将軍」と呼ばれていました。。
f0033003_1059321.jpg
なんか大村は足軽っぽいですね。。ヤリとか上手そう。

試合の方は、金子&小野の投げ合いに、ローズの同点2ランも出て、
終盤まではなかなかの好ゲームだったのですが、
9回表にぶち壊しに。

前田が急所にファールボール直撃で退場した後、
瞬く間に救援陣が4点を取られた。
どうやら、前田が真田幸村的存在だった様です。

ロッテの方は、唯一戦国武将っぽい名前の大松尚逸が大活躍。
早川が出て来たら小早川とヤジを飛ばそうと思ってたが、残念ながら出て来なかった。

4点取られた時点で負けを覚悟し、区切りの良い17時になったので、
早めに退席して、空いてる内にグッズショップを観て帰りました。
「負けたら大石が自害します」とかのイベントが有ったら残ってましたが

f0033003_1111721.jpg

本当は今日、高校野球(関学×酒田南)を観るつもりでしたが、
雨で順延になってしまったので、
少し早いですが夜移動で帰りました。
しかし、酷い雨だった・・・。
[PR]
# by kuruma0929 | 2009-08-10 11:13 | オリックス

暗黒の主要因

長い事暗黒は経験してきたけど、
ここ数試合の絶望振りは本当にこたえる。
今日は久々に早く帰宅して、yahoo動画で中継観てましたけど、
鈴木は酷いね。
バントはできないし、打てもしない。
ランナーには走られ放題で、パスボールも多く、
ピンチになると冷静さを失い、訳の分からんリードになる。

今日の7回は特に酷かった。
香月の時は外角一辺倒で、内角にした途端に気づかれて2点タイムリー、
大久保が満塁にした時にマウンドにもいかず、
フォーク・フォークでタイミングの合ってないセギノールに対して、
全く意味の無いウエストボールを打たれて逆転タイムリー。

正直、何の為に使ってるの?
横山とかを育てればええやん。
[PR]
# by kuruma0929 | 2009-08-06 20:49 | オリックス

屋久島③

3日目は、当初予定していた白谷雲水峡を1日で回り切った為、
予定変更でレンタカーを借りて島を一周した。
主に、滝と温泉巡りです。

【滝1 トローキの滝】
f0033003_961168.jpg
南国フルーツを栽培しているボンタン館の展望台から見ました。
海に直接落ちる滝は珍しい。後ろの山々とのコントラストが綺麗。

【滝2 千尋の滝】
f0033003_981140.jpg
トローキの滝のすぐ近くに展望台がありましたが、こちらはちょっと・・・かな。

【温泉1 湯泊温泉】
f0033003_910935.jpg
海中温泉です。写真は足湯の方で、隣りに岩風呂(100円)が有りましたが、ガチムチのおっさん達が入ってたので、撮影は自粛しました。。かなりぬるい湯で、夏場以外は厳しそうでした。

【マングローブ】
f0033003_9124449.jpg
屋久島にも原生林が有ると聞いて、個人的に期待してたのですが、残念な結果でした。。

【滝3 大川の滝】
f0033003_916448.jpg
これは絶景だった!滝つぼのすぐ近くまで、岩場を伝って行けます。一時流行った「滝のマイナスイオン」は科学的には証明されなかった様ですが、この滝の側にいるだけで、妙に癒されました。

【猿】
f0033003_9174477.jpg
一周する際、島西部の林道を通らなければならないが、これが酷道。離合するのが精一杯のグネグネカーブが続き、おまけに野生動物がその辺に一杯おり、飛び出しに注意しなければならない。道の真ん中で猿の番が毛づくろいしてる姿も見れます。

【海】
f0033003_9205610.jpg
西部にある永田浜は、ウミガメの産卵地としても有名。また機会があれば、次は産卵を見てみたい。

【温泉2 尾之間温泉】
f0033003_9221756.jpg
地元民も入りにくる、古き良き温泉でした。ただ、温度がむちゃくちゃ熱い!登山した後とかに入ったらスカッとしそう。

割とさっくり一周する事ができた。
ただ、帰りにガソリンを入れたら、本州より30円/Lも高かった!
良い島だけど、物価が高いのが欠点・・・。

f0033003_9261359.jpg
3泊とも宿泊したペンション「ラ・イスラ・タセ」の部屋。非常に清潔で、管理人夫妻の人柄も楽しく、落ち着いて滞在する事ができました。朝食も一品一品が美味しかったです。

写真は有りませんが、帰り(4日目)は、前日に借りたレンタカー屋のおじさんとばったり会って、宮之浦港まで1時間、回送ついでに送ってもらう事ができた。いろいろ地元の話(島にはパチンコしか道楽が無い、すぐ顔割れするので公務員は鹿児島に行って遊んでいる、バス会社の社長が行方不明、口永良部島の無法地帯っぷり)を聞けて、最後に楽しい思い出になりました。おじさんありがとうm(__)m
[PR]
# by kuruma0929 | 2009-07-05 23:58 | レジャー

屋久島②

2日目はメインの登山の日。
f0033003_8222075.jpg

朝4時に起床。5時に弁当屋に寄ってから、
始発の荒川登山口行きのバスに乗った。
登山口までの道が半端なく狭く、
この小ぶりのバスじゃなければ無理、という感じだった。
f0033003_8222871.jpg
安房から約1時間で登山口へ到着。結構な人の数・・・。
f0033003_823287.jpg
トイレを済ませて、6:30登山口を出発!
我々は個人でしたが、
周りにはガイドさんを雇って、ラジオ体操や円陣を組むグループも。
f0033003_8303711.jpg
縄文杉までは、目安で約5時間程度。
前半は、こんな感じでトロッコの廃線跡を通ります。
かつて昭和中期頃までは、このトロッコで屋久杉を搬送してたそうです。
f0033003_8312297.jpg
後半は山道へ入って行きます。結構きつい。
f0033003_8323039.jpg
とても深い森。。
f0033003_833667.jpg
縄文杉ではないけど、途中に立派な杉がいくつもあった。
どれも奇形なのは、江戸時代~昭和にかけて、
綺麗な屋久杉が全て搬出されてしまったからの様です。もったいない・・・。
f0033003_8343589.jpg
鹿も結構いました。全く人間にびびりません。
f0033003_8351520.jpg
歩く事ちょうど3時間、
9:30に(この日の二番だった様です)、ようやく目当ての縄文杉に到達!
樹齢は2700~4000年にも上るのだとか。。。まさに生き神。
f0033003_8403269.jpg
思ったより早く着いたので、
翌日の予定だった白谷雲水峡へも行っちゃう事にした。
登山道を半分戻ってから、分岐。
f0033003_8383640.jpg
しかし、軽い気持ちで分岐したものの、
森の神の試練の様な、結構深い山道に迷い込んでしまった。
陸上シューズで登ってた(アホ)事も有り、この辺から段々とヒザが痛くなりだした。
f0033003_8453942.jpg
途中、太鼓岩という展望スポットへ立ち寄った。
景色も良かったが、何より断崖絶壁になっててスリルが有った。
f0033003_8492466.jpg
そして、白谷雲水峡を散策。
f0033003_8503737.jpg
f0033003_8504621.jpg
一面、苔の森の世界。
人間が入ってはいけない様な感じがした。
f0033003_8524033.jpg
幻想的な景色を見てぽーっとしつつ、荒川登山口から9時間、雲水峡入口の方へ出た。
道中、ずっとカッパを着てたせいか、生まれて初めて熱中症を味わった。
頭がガンガンし、熱が39度くらい有りそうな感覚。。
アクエリ1リットル、ポカリ2リットルを飲んで、
全身にヒエピタを貼りまくって寝たら一晩で治りました。
[PR]
# by kuruma0929 | 2009-07-04 23:07 | レジャー

屋久島①

7/3~6日まで、屋久島へ行って来ました。

初日、まずは羽田6:35発のANA便で、鹿児島へ。
結構人気路線だったみたいで、早朝便だというのに満席でした。
空港着後、バスで鹿児島市街へ。
f0033003_7315454.jpg
鹿児島は2年前にも来た事があったが、今回は時間もあったので、繁華街をゆっくり散策した。
三越が閉店したものの、老舗の山形屋デパートがある天文館付近は、
市電も走っててレトロで良い感じ。
f0033003_7345268.jpg
せっかくなので黒豚を食べよう!と、「あぢもり」へ。
ここは夜は結構高いらしいが、平日のランチタイムに行った事もあり、
写真の黒豚とんかつランチは680円!
ごはん・キャベツもおかわりOK。衣が薄く、肉の旨味を堪能できた。
f0033003_7411396.jpg
歩いて鹿児島港へ移動し、屋久島行きの高速船に乗った。
この船、歴史を見たら、以前は関空~神戸港を結ぶベイシャトルで使われてたらしい。
廃止になって、配置換えになったらしい・・・。
f0033003_7433382.jpg
2時間で屋久島・宮之浦港へ到着!
f0033003_7453731.jpg
バスで、屋久島第2の港町、安房へ向かいます。
f0033003_7463126.jpg
途中、屋久島空港を通過した。
田舎のローカル空港だが、盛況していた。
本当は都会からのシャトル便も出したいだろうが、
滑走路の距離を確保できない為、プロペラ機しか発着できないらしい。
f0033003_7511539.jpg
約1時間で、安房へ到着。
f0033003_7523218.jpg
島で第2の人口を誇るとは言え、非常にゆったりとした港町でした。
f0033003_7532564.jpg
宿へチェックインし、町を散策。
翌日の登山用弁当を注文した後、晩飯を食べに行った。
写真左の川沿いにある「散歩亭」と言う所へ行きましたが、
雰囲気も良く、美味しかったです。
f0033003_7565078.jpg
カクテルも充実してました。
ビールはハートランドのみだったが、冷えてて旨かった・・・。
飲み明かしたくなる雰囲気だったが、翌日が登山の為、早めに切り上げた。
(②に続く)
[PR]
# by kuruma0929 | 2009-07-03 23:28 | レジャー

おはよう更迭です

チーム防御率5点台の責任者が、ようやく配置換えになる様です。

そもそも、コーチ経験が無く現役実績も乏しい人を、いきなりチーフ待遇で迎える事自体が間違い。
しかも、若手に緩急の大切さを教えた昨年躍進の功労者である清川を差し置いてなんだから、タチが悪い。お友達内閣が解散されて良かったと思います。

佐々木さんは引退後、ABC解説・おは朝と、阪神以外の発言が許されない偏った世界で過ごして来た事もあるし、失礼ながら、引退後のキャリアで視野が広がってるとは思えません。もう少し下積みをして、今度は結果を残してからでチーフコーチの座を掴んで頂きたいと思います。

これで、仕切り直して反攻に期待したい所ですが、後藤の情報が全く無いのが気になる。二軍にも出てない様だし、肉離れが悪化したんでしょうか??
[PR]
# by kuruma0929 | 2009-06-18 08:33

フェニックス降臨・コリンズ辞任1周年

オリックス10ー3広島

5月4日・17日に続き、
今日もシモヤマンがホームランで流れを変えてくれた。
春先はいつも調子が良いですね。
主軸に怪我人続出のチームにおいて、
ほんまに貴重な戦力です。


今日はちょうど1年前、阪神との交流戦で
一輝がウィリアムスから
逆転タイムリーを打った、思い出深い日。
今年は山崎・岡田・古木辺りが
ブレイク役になって欲しい所。
ちなみに勢い付いたと思った矢先、
翌日にコリンズが辞任したんでしたっけ。。
[PR]
# by kuruma0929 | 2009-05-20 22:20

暗黒交流戦開幕

オリックス 1-9 広島

昨日は広島のスタメンを見て驚いた。
3番が末永で、5・6・7はマクレーン・シーボル・嶋の広島が誇る不振トリオ。
周辺でインフルエンザ感染が拡大する京セラDで、暗黒武闘会はしめやかに行われた。

結果はオリックスの大敗。(ある意味勝ち??)
連敗脱出したとは言え、まだまだ負のオーラは健在だった。
連敗中と何ら変わらない点の取られ方で、
四球→2ラン、四球→2ラン、ボーグルソン→死球→満塁ホームランと、
ことごとく不要なきっかけから大量失点を許している始末。

期待のスタメン岡田も、ボールの見極めはまだまだ。
藤井コーチの懸念通り、一軍に上げるには早すぎたか。
しばらくはチャンスも与えられると思うんで、腐った巨神兵を見守る様な温かな気持ちで、見守りたい。
[PR]
# by kuruma0929 | 2009-05-20 06:03 | オリックス

思わぬ救世主到来

10連敗を潔く見届けようとYahoo動画を観てましたが、
まさかの完封劇。光原様、本当にすみませんでした。

しかし個人的な話、うちの嫁が見てる試合では
(昨日はテレビ観戦ですが)フェルナンデスはやけに打率が高い。

4月19日 4-4-3 1HR
5月 4日 5-2-1 1HR
5月17日 4-2-1 1HR

計13打数-8安打-5打点
打率.621 3HR 5打点

嫁には史上最強の助っ人に思われている様です(笑)
しかし、逆にこの3試合を除くと

96打数-14安打-1HR
打率.146 1HR 1打点

いかに帳尻を合わせているかが良く分かります。
毎年そこそこ成績を残していながら解雇される理由は
この辺にあるのでしょうか…。
[PR]
# by kuruma0929 | 2009-05-18 11:43 | オリックス

●●●○○●●●●●●●●●

カブレラ:ファールボール直撃で骨折
ローズ:大勢決まった試合でデッドボール直撃で骨折
後藤:サインスチールで肉離れ
小松:KO松
岸田:右肩張りで抹消
吉野:先発
中山:12失点完投
川越:柵越
馬場コーチ:ホームへ突入指示
北川:ホームへ突入しアウト
フェルナンデス:得点圏打率0割4分
ダルビッシュ:0勝3敗
岸:0勝3敗
コーチ:おはよう朝日です
放出したユウキ:好投
神戸:豚インフルエンザ

びっくりするほど
暗  黒  野  球
[PR]
# by kuruma0929 | 2009-05-17 08:57 | オリックス